障がい者でも働ける?身体・精神・知的に問題ない場合がほとんど

悲しいけど、世の中はお金があるかないかで、生活の質も変わってきますよね。

親が金持ちで、働く必要がないのであれば、家で好きなことができると思います。でもそうじゃなく、ギリギリの生活を送っているのであれば、お金が欲しくなります。

障がいを持っていることで、フルタイムで働けない人もいると思います。

汗水垂らして働くことができないと諦めているのかもしれません。でも世の中には女性であったら、楽に稼げる方法はそれなりにあるんです。

それが障がい者だったとしてもです。

この記事では、お金を稼ぎたい障がい者に向けての記事です。もしお金を稼ぎたいと考えている気持ちがあるのなら、最後まで読んでみてください。

目次

障がい者は働きにくい?

年齢階層別就業率

就業率を年齢階層別に見ると、身体障害者の就業率は、一般の就業率と比べて全体的に20~30%ほど低い分布となっている。

https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h25hakusho/zenbun/h1_01_04_01.html

精神障害だとかなり低い数字になっています。

この資料は平成18年(2006年)と少し古いです。現在はもう少し、障がいを持っていても働きやすい環境になりつつあります。

とはいえ、障がい者は身体や精神で問題を抱えています。健常者のようにフルタイムで朝から夜まで働けない場合が多いです。

健常者だって、そんなに働くことができなくて、フリーターやニートを選択することもありますよね。私もそうなんですけどね笑

チャトレディは障がい者でも働ける

チャトレディは障がい者でも働ける

チャットレディではいろんな人たちが働いています。

  • バイト感覚の学生
  • 真面目に働きたくないフリーター
  • 暇つぶしの主婦
  • ホストに貢いでいるOL

将来のビジョンを持って働いているのもいれば、遊ぶお金が欲しいから働いている人もいます。一流大学を出て働いているのもいれば、社会不適合者もいます。

何がい言いたいかというと、いろんなバックボーンを持った人たちがたくさんいる場所です。そして、時給5,000円くらいは稼いでいるんです。

障がい者のみなさんも、これを見てどう思いますか?羨ましいで終わっちゃいますか?自分もお金を稼ぎたいと思いませんか?

やる気さえあれば、誰でもできるのがチャットレディです。身体的特徴でチャットレディが無理?だったらテレフォンレディもあります。こっちだって、時給数千円は稼げるんです。

働くメリットは大きい

障がい者がチャットレディで働くメリットはたくさんあります。

メリットに関しては、健常者も障がい者もほぼ同じだと思います。

かなり稼げる

障がいを持つ方がチャットレディとして働く場合でも、時給で5,000円前後は稼げてしまいます。1日に3時間働けたら、それだけで15,000円の収入。月に20日で30万円になります。

初心者で、いきなりそれは難しいかもしれませんが、月に10万くらいならよほどのことがない限り楽勝でしょう。

身体や精神に負担をかけず働ける

朝9時から夜6時まで、みっちり働かなくていいです。通勤時間も0。

男性客とライブチャットをしていない待機時間もスマホをいじったり、まったりしたりと好きなようにすることができます、

身体や精神に負担をかけず、自分のペースで働けます。

自宅で働ける

通勤をする手間がありません。

シャワーに入って、服装を選んで、駅に向かい電車に乗って職場に向かう労力って大変ですよね?

障害をお持ちの方には、勤務地に辿り着くだけでいっぱいいっぱいになってしまいますよね。

人(客)と交流ができる

障がい者は家に引きこもりがちですよね。SNSやスマホゲームで誰かと繋がることはできるかもしれませんが、かなり緩い付き合いになると思います。

チャットレディなら深く繋がることができます。男性と、趣味や特技、好きな食べ物など、普通の会話ができます。

人と話すことは寂しい気持ちか満たされることも多いです。

同情を買える

男性客から同情されることもあるでしょう。

どういう気持ちで同情するのかは、その男性によって違ってきます。心から同情してくれるのもいれば、自分の優位性を保ちたくて、可哀想というマウントを取ってくるのもいます。

どっちにせよ、障がいのおかげで、男性に興味を抱かせることも可能です。長い間話してくれれば、こっちの収入もUPして良いこと尽くめ!

身体障がい者の働き方

  • 肢体不自由
  • 聴覚・平衡機能障害
  • 視覚障害
  • 音声・言語又はそしゃく機能障害
  • 内臓系の病気

チャットレディに関しては、内臓系の病気(心臓、腎臓、肝臓、腸など)ならまったく問題がないと思います。

肢体不自由も大丈夫な可能性が高いです。ライブチャットをやっている男性を唯一尊敬できるのは、すぐ女性に惚れやすいという特性を持っていることです。

「聴覚」「視覚」に障がいをお持ちの方はチャットレディは難しいです。言葉が話せない場合も厳しいです。

「聴覚」「言葉が話せない」以外の障がい者は、テレフォンレディ、メールレディなら大丈夫だと思います。

精神障がい者の働き方

  • 統合失調症
  • うつ
  • 躁うつ
  • ADHD(注意欠陥多動性障害、多動症)
  • 適応障害
  • パニック障害

スタンダードというか、代表的なものをピックアップしてみました。

わたしは専門家ではないので、「適応障害」でも大丈夫!みたいなことは言えません。

もしチャトレディに興味があるのなら、お試しでやってみて、やれそうかやれなそうか判断をしてみるのが一番だと思います。

その際も、いきなりチャットレディよりは、メールレディやテレフォンレディみたいな簡単な方からスタートしてみてはいかがでしょうか。

知的障がい者の働き方

IQが71以上85未満の人のことを、「境界知能」と言うらしいです。

日本国内には、境界知能にあたるIQ70〜85の人は約1,700万人いるとされています。 この数字は、全体の約14%が境界知能に該当します。

【セミナー解説】医師に聞く「発達障害と境界知能」

結構いるけど、別に問題なく生活できるレベルの人たちです。

スマホを使えるレベルなら、余裕でチャットレディができるでしょう。いまこのページにアクセスして、これを読んでいるのであれば、なんの問題もありません。

チャットレディになれるでしょう。アダルトでエロくも、ノンアダルトでしっぽりやることも可能です。

無理せず働くことが大事

ライブチャットをしている男性は、大半が糞野郎ばかりです。

お金で女に言うことを聞かせてやろうと考えていいます。

いい人もいるけど、糞男率が高いんですよね。そういう奴らを「お客様は神様」として接しないといけません。

イライラすることを言われることは日常茶飯事です。ノンアダルトでもエロキモいことを言われます。

これに関しては、健常者、障がい者は関係ありません。チャットレディやテレフォンレディはイライラする男とやり取りをするものです。

真剣になり、男性の気持ちに応えようと頑張っていたら、こっちの頭がおかしくなってしまいます。

社会のためになるような素晴らしい仕事ではありません。気楽に適当な気持ちで働くことを強くおすすめします。

まとめ

障がい者だから、質素な生活をしなくてはいけないなんてことはありません!

チャットレディをすれば、普通に稼いで、好きなものを買って、好きなものを食べることができます。

エロチャットで稼ぐのも、ノンアダルトで稼ぐのも自由です。ほとんどの障がい者にとって、チャットレディで働くことに制限はありません。

もし、障がいがあるから、働くことができないと悩んでいるのであれば、チャットレディを検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チャットレデイで最高月収50万まで行ったアラサー。本気でやれば100万行けたかも?そこそこ稼げたので引退を決意。せっかくなので自分の経験とノウハウを誰かに伝えたくてサイトを開設しました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次